歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

2020-09-17

上海市の武康大楼(旧ノルマンディー・アパートメント)をモチーフに刺しゅう作品を作る工芸家(2020年9月13日撮影)。(c)Xinhua News


【9月17日 Xinhua News】中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。すでに1039カ所の歴史的建造物が一般公開されており、人々は上海の歴史文化により一層親しむことができる。


 同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読」関連イベントを先行的に実施してきたという。今年に入ってからは「建築可閲読(読める建築)」をテーマにした歴史的建造物の保護・活性化プロジェクトや一般公開イベントが市全域で全面的に推進されている。


 13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。上海の歴史的建造物は徐々に一般市民の生活の中にも浸透しつつある。


 13日には書籍「這里是上海(ここは上海):建築可閲読」の「オーディオ版」も発表された。アナウンサーやキャスターが上海にある有名建築物56カ所の「過去と現在」について詳しく解説している。同市の文化・観光部門は16カ所の「夜に出かけて楽しい上海の観光地」や、さまざまな建築を巡る小旅行用の観光路線103路線を発表し、観光を推進している。


「建築可閲読」を通じて、ますます多くの外国人も上海に親しむようになっている。上海に留学して4年になるメキシコ人女性ブエンフィルさんは、同日開催された「建築可閲読」陝西北路夜間観光イベントに参加し、「上海の歴史的建造物や博物館が大好きです。上海の歴史を知ると、中国がもっとよく分かるようになります」と感想を述べた。


観光スポット | 宿泊 | 会議・展示会 | おすすめコース | 祭り&イベントなど権威的な上海観光情報を提供します。国内外からの観光客及び会議・展示会、報奨旅行や様々なイベントなどの企画者に、上海観光及び会議・展示会情報を提供する公式サイトです。